2017 . 09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017 . 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らしの老人

無事に嵐上海公演のチケットを入手できました(^^)

話は変わりますが、
父に夕飯を食べにこないか?という電話をもらい
夕方、実家に行ったとき
知り合いの方から電話がありました。

『Aさんに電話をしても電話にでないの
気になるので、悪いけど様子を見に行ってもらえますか?』
という内容でした。
Aさんの家は私の実家の3件先ぐらいにあります。
家がすぐ近くなので我が家に電話があったのです。

Aさんは、私のおばあちゃんのお友達です。
年は85歳を過ぎています。
一人暮らしのおばあちゃんで
ここ最近、夜中に救急車で5回ほど運ばれたり
転んだひょうしに怪我をして
歩くのも大変そうにしていました。

こんな感じだったので
私の母は気になりAさんの家に行きました。
階段の下には
いつもAさんが押して歩いているシルバーカーの押し車があります。
この押し車が、あるということは家にいるはずなのに・・・
なんど呼んでも返事がありません。

気になりながらも母が帰ろうとすると
Aさんの家の電気がついたり消えたりしているのです。
呼んでも返事はない。
だけど部屋の電気がついたり消えたり・・・・

これは何かある!と思い
母は急いで家に帰ってきて119番に電話をしました。

5分ほどすると 消防署は来るわ、警察は来るわ、もちろん救急車も・・・
人も10人ぐらい来てものすごい数です。

その後、消防車の人がはしごを使い2階の窓を開け(窓の鍵があいていた)
家の中に入りました。
けれど家の中には誰もいませんでした(汗)

Aさんは家にはいませんでした。
なのに電話をしてしまった母は
警察の方や消防署の方、救急車の方に何度も誤りました。
けれど、状況が状況だったので
誰もが
『正しい判断だったんですよ!
この状況なら仕方がありません。
何もないってことは良いことだったんですよ!
気になさらないで下さい。
これが我々の仕事ですから!』
と言ってくださいました!
ものすごく かっこよかったです。
消防署の方も警察の人も
急速に来てくれ誤解だったにもかかわらず優しい対応・・
すばらしいです!!
すごい仕事なんだなぁ・・・って尊敬をしました。

結局、部屋の照明が壊れていて
電気がついたり消えたりしていたようでした(汗)
肝心のAさんはどこに行ったのだろう??って
思っていたら
なんと!
玄関の下にある牛乳いれに
小さく
『しばらく留守にします。
新聞を入れないで下さい。』
と張り紙がありました(汗)
(次の日分かったことなんですが・・・Aさんは入院していました。)

消防署の方もこんなに小さい張り紙は
気づかないでしょう・・・
奥さん、気になさらないでね!
と母に言ってくれました。

この騒ぎで近所の方が大勢出てきていました。
みんなが口々に
『Aさんは最近救急車に運ばれているし
一人ぐらしだったからね。
心配になるわよね。』

『Aさんの子供たちはまったくAさんの面倒をみないからね・・・
娘なんて近くに住んでいるのに・・・』
と話をしている時
Aさんの娘さんがやっと来ました。

この騒ぎの理由を娘さんに
警察の方や近所のかた数人や私の母が
説明をししました。

近所の方は
『知ってるの?Aさんはここ最近5回も
救急車で運ばれているのよ』

娘さん
『しりません。』

警察の方も事情を説明し、
私の母もなぜ救急車を呼んだか説明をいろいろ
していると

娘さんは
『母とは縁を切っています。
だから私には関係ありません・・・
こんなことで連絡をしないで下さい』

と!言ってきたのです・・・
信じられません・・・・

私の母はその言葉に切れて
『あなたはお母さんから生まれてきて
育てもらったんでしょう?
なのにそれはないでしょう・・・・
考えてください。』
と娘さんに言ってしまいました。
えらい!私の母(笑)
警察の方も近所の方も娘さんにあきれていました。

その後、母と二人家に帰ってきたのですが
なんとも後味が悪く
せっかくの夕飯も台無しです(涙)

きっとAさんが退院したら
娘さんに散々文句を言われてしまうんだろうなぁ・・・
かわいそうに・・・
だいたい、85歳を過ぎている親が入院していたのも
知らなかったなんて(汗)
どんな事情があっても
自分の母親が85歳を過ぎて一人暮らしをしているのです。
家が近いなら なおさら一日に1回でも様子を見にいくべきだと
思うのですが・・・

この出来事によって
母は余計なお世話は二度としないなんて
いって ブツブツ一人怒ってるし・・・
私も今回は何もなくて
本当に良かったのですが、
なんか嫌な気持ちが残った出来事でした。

こうなったらかわいい『くりん』と遊んで癒してもらいます(笑)
よろしくね!(笑)
kawa.jpg

スポンサーサイト
なんか事情はあるんだろうけど、世知辛い
親子関係よね~。
その状況だったら、放置する方がおかしいので
私もくりんママ'sママの行動は正しいと思います。
いえ、実際それで孤独死してたり、結構あるみたいです・・・。
そう書いてくれると
うれしいです^^
Aさんは旅行から帰ってきて
この騒動をお隣さんから聞いたのか
母のもとへお詫びにきました。
Aさんは母が娘さんに言ってくれたことが
とっても嬉しかったみたいです。

しかし・・・母の心は複雑でした(苦笑)

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://kurinlove.blog53.fc2.com/tb.php/211-734666a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。