2017 . 10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017 . 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越し

いきなりですが
2015年1月6日に上海から日本へ戻ってきました(^^
約2年の上海生活は楽しいものでした。
『くりん』も無事に一緒に戻りました。

日本での新しい生活をきに
ブログを引っ越しします。

新しいブログはこちらから
スポンサーサイト

『くりん』中国 上海に入国

2013年10月19日 成田空港から上海浦東空港へ 愛犬『くりん』の出国→入国

入国書類はこちら
詳しい書類内容についてはこちら

デルタ航空を使用しました。
その理由は『くりん』を客席まで連れてこれるからです。
ある方のブログを見て知りました。
とても、感謝しています。

格安航空券でも犬の予約は可能でした。

旅行会社にデルタ航空の空席を探してもらう

この便は犬の予約は可能かデルタ航空に電話で聞く

発券後なら予約可能とのことだったので
旅行会社に発券をしてもらう

発券後、デルタ航空に電話をし犬の予約をする

こんな感じでした。
何点か制限があります。
こちらが問題なければ予約できます。
一番の問題は犬の大きさかな…
犬の飛行機代金は200ドルでした(約二万円)

犬のスペースは客席の下になります。
ゲージに『くりん』を入れ客席の下におきます。
デルタ航空ではゲージの購入もできます。
このゲージの大きさは客席の下のスペースに隙間なく
ピッタリ入る大きさで出来ています。
スペースをマックスに使えます。
50ドル(約5000円 )でした。
客席の下のスペースはそんなに広くないため
マックスに使えてたので購入してよかったです。
それに中々のデザインでしたよ^_^
20131023235300b99.jpg
写真をクリックすると大きくなります

デルタ航空は19時ごろ出発になります。
15時に成田空港の動物検疫の予約をしていましたが
14時ごろ成田空港に着いてしまいました。

予約時間よりも一時間早かったけど
検疫所に行きました(^_^;)
提出書類をだし
手続きをしました。
簡単な『くりん』の健康診断をして
必要書類をもらい終了
検疫済みの札をもらい、これにて終わりです。

次にデルタ航空のカウンターに行きチェックイン
犬の許可の札をもらいゲージにつける
犬の輸送代(200ドル約2万円)金とゲージの購入代金(50ドル約5千円)を払い終了。
20131024003214f65.jpg

写真をクリックすると大きくなります。

まだまだ時間があったので
『くりん』を連れて成田空港の外にでて散歩しました(汗)
いいのかな…きっとダメなんだろうな…

『くりん』にご飯を食べさせ
一粒づつドックフードを口に入れてあげ(汗)
うちの子は食べなくって(;_;)

そしてなんだかんだしているうちに飛行機に乗る時間がやってきました…

続きはまた



『くりん』 中国上海入国書類2

犬が日本から中国 上海 出国→入国 に必要な書類は下記の通りでした。
(我が家の場合です。)

✳︎日本出国に必要な書類
出発する7日までに利用する空港の動物検疫所に連絡をします。
出国に必要な書類を教えてくれます。
出発の際に必要な書類(原本)をFAXかメールで送る
問題がないか確認をしてくれます。

私の場合は下記の書類を言われました。
・輸出検査申請書
・狂犬病ワクチン接種証明書(二回分
・健康証明書
・混合ワクチン証明書
・マイクロチップ装着証明
・狂犬病抗体検査証明書

出国当日この書類を動物検疫所に提出します。
場所はメールで送られてきました。
書類を提出すると輸出検査申請書以外は印を押されて
返してくれます。

輸出検査申請書は
英語表記で書いてある物と交換され
原本とコピーの二枚をくれます。

原本は中国に入国した時に提出します。
コピーは『くりん』が日本に戻って来る時に
必要になるので大事に自分で保管です。

✳︎中国入国に必要書な類
◎輸出検疫証明書(原本
◎狂犬病予防接種証明書(二回分
◎動物健康診断書(出発一週間以内の日付

狂犬病予防接種証明書と動物健康診断書は
英語と日本語表記のものを準備しました。

✳︎自分で用意した書類
◎避妊証明書
中国で犬の登録料金が安くなるようです。
私は念のため獣医さんにお願いをして英語表の
避妊証明書も準備しました。

証明は日本語?英語?と
疑問に思ったので 、とりあえずネットで調べました。
上海に犬を連れて入国された色々な方のブログもみました。
けれど、人によってまちまちでした。
英語表記でと指定された方もいるようです。
こうなったら直接、確認をしようと思い
中国上海浦東空港の動物検疫所に電話をして
聞きました。

結果は
日本語表記で問題ないと言われたそうです。
確認したのは中国人です。
私、中国語できないもん(笑)

私の旦那さんは上海に計4年ほど住んでいます
私は半年ほど
住んでいるから不安になることもあるんです
中国って人によって言う事が変わるから(汗)
だからね。疑ってしまうんです。
今回に限っては…
書類に不手際があったら『くりん』はどーなるの?って
恐ろしいくなる!
だから
中国入国の必要書類は英語と日本語表記ものを
準備しました。

でも結果は
日本語表記で問題なかったです。
疑ってごめんなさい(汗)

詳しい書類内容はこちら

書いてあることは我が家の場合です。

『くりん』中国 上海 入国書類について

『くりん』を上海につれて行くため約1年間かけて準備をしました。
2013年10月19日 出国
成田空港から上海浦東空港

中国 上海 犬の入国 出国 に必要な書類はこちら
かいてあります。

書類の内容について細かく書きました。
(我が家の場合です。)

注意:
マイクロチップを装着していないワンちゃんは
一番最初にマイクロチップを装着してください。
装着してない場合は予防接種関係が全て無効になります。

◎マイクロチップの装着
★国際標準化機構(ISO)11784及び11785に適合するマイクロチップを装着する
マイクロチップにも種類があるので
獣医さんに種類を聞いて記録しといて下さい。
私は装着するマイクロチップのパンフレットをもらいました。
(のちに書く輸出検査申請書に記入欄があります。)
201310231830192d3.jpg
クリックすると写真が大きくなります。

★マイクロチップ・動物IDの登録申込書の控えを必ず貰ってください。
マイクロチップ装着の証明書になります
のちに日本の動物検疫所に出します。
(マイクロチップ登録完了ハガキが届きますが
こちらは装着日が書いてないので
証明書にはなりませんので
登録の控えをなくさないようにしてください。)
2013102318043796f.jpgクリックすると写真が大きくなります。
------『くりん』2012年3月10日 装着--------

◎混合ワクチン予防接種証明書
マイクロチップ装着後に接種したもの
(装着前に接種したものは無効です。)
出発までに有効期限が切れて無いものが有効。

ワクチン証明書に下記の内容を書いてもらう
★マイクロチップ番号
☆予防接種の種類
☆予防接種の製品名と製造会社
★先生の直筆のサインと印鑑

(★絶対に書いてもらってください。これがないと証明書になりません。)
(☆のち書く輸出検査申請書に必要になってくるので書いてもらう
------『くりん』2012年10月8日 混合ワクチン8種を接種--------

◎ 狂犬病の予防接種証明書1回目(全部で一年以内に二回接種)
★年に1回の狂犬病予防接種は日本で定められて
いるので1回は予防接種を終えてる方もいると思います
下記の1と2に該当された場合は一回接種した予防接種は有効になり
一回目としてカウントされます。

1.マイクロチップ装着後に接種したもの
(装着前に接種したものは無効で一回目にはなりません。)

2.一回目接種日と二回目接種日が一年以内

一回目も二回目も
狂犬病予防接種証明書に下記の内容を書いてもらう
★マイクロチップ番号
☆予防接種の種類
☆予防接種の製品名と製造会社
★先生の直筆のサインと印鑑

(★絶対に書いてもらってください。これがないと証明書になりません。)
(☆のちに書く輸出検査申請書に必要になってくるので書いてもらう
----------『くりん』1回目 2013年4月3日 2回目2013年8月7日------------

◎狂犬病予防接種証明書の2回目と狂犬病抗体検査証明書
★上海から日本に帰国する際に狂犬病抗体検査証明書がないと
ワンちゃんは180日間 日本の検疫所に隔離されてしまい
お家に帰れません(汗)
日本に帰国予定がある方は狂犬病抗体検査が必要になります。
狂犬病の抗体があるか調べる検査です。

詳しくはこちら
狂犬病抗体検査の用紙はここから印刷して
動物病院に持っていく。


狂犬病抗体検査の流れ
1.狂犬病二回目接種

2. 1〜2週間後 血清を採取
検査機関に送る

3. 約二週間後に狂犬病抗体検査の結果が郵送で届く
抗体が0.5以上あったら有効
ない場合は1〜3を繰り返す。

私は出国予定の3ヶ月前ぐらいに二回目の狂犬病予防接種をして
狂犬病抗体検査証明書の取得準備をしました。

--------『くりん』の場合----------
2013年10月19日 出国
2013年8月7日 狂犬病二回目接種
2013年8月18日 血清を採取して送る
2013年8月31日 狂犬病抗体検査の結果が届く
201310231840160de.jpg
201310230647120a1.jpg
クリックすると写真が大きくなります。
結果は159.9もありました!高数値です。

◎動物健康診断書
日付が出発日一週間以内のもの
2013102319114905e.jpg
クリックすると写真が大きくなります。

◎ 輸出検疫証明書こちらから印刷して自分で記入
20131023193806e82.jpg
クリックすると写真が大きくなります

◎ 避妊証明書
避妊証明書があると中国で犬の登録料金が安くなるようです。
私は念のため用意しました。

あくまで我が家の場合です。
参考程度にみてください。

以上です。
長くなったので、続きはまた書きます。






上海生活 2ヶ月目

上海生活2ヶ月目に突入した。

中国語は相変わらず??
だが、喋れなくても上海はどーにでも
なる(笑

今は旦那さんが単身赴任だった部屋に住んでいるので
家族ようの大きな部屋に移るため
新しい部屋を探した。

嫌となるほどマンションを見た
色々と悩みながら
部屋を決めた

お部屋よりもマンションの敷地内が気にいりました。
緑がおおくって
『くりん』を散歩させたいな(^^)と思いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。